2017/10/26

バーベキュー通算1000回は越える僕の火の起こし方

まいど!
3児の父でございます。
何かいいニックネームないかな
サンチチ?サンパパ?まぁいっか!

今回はバーベキューで最も大事な事の1つ火起こしについて。
前回紹介したコンロの様に火が起こし難いものなど色々とありますが基本は同じ。
キッズや彼女に まだ~?? と言われぬようしっかり火起こしをマスターしましょう!

①着火材の置き方
良く完全に隙間無く埋めちゃったり、上に置くだけだったりしますが・・・
炎は上に行くんです(笑)炎は空気が無いと燃え上がらないんです(笑)
あと本とかどっかのサイトとかに載ってるくそめんどくさい炭を組んでるやり方や火起こし器
お金と時間の無駄です(笑)
単純に炭の隙間に着火材を入れて
2017102618085094d.jpg

3つ4つ横に組み上げる。※隙間が空くようにしてくださいね!着火材と密着させると火が消える場合があります。

20171026180840783.jpg
201710261809108f8.jpg

これだけで十分です。
ちなみに僕の使っている着火材はこちら↓↓

ダウンロード

年250回以上バーベキューする僕のオススメです(笑)
だけどうちの近所にしか売ってませんので(笑)
代わりに似た感じのこちらを

ビジョンピークス VISIONPEAKS 着火剤 ファイアスターター VP160506F01


以上が基本的なやり方です。

②火が着けにくいグリル
僕の使っている球体グリルもそうですが空気が循環し難いグリルも中にはあります。
グリル本体の片側にしか空気穴が空いてないやつね。
そんなやつはですね、これに買い換えればいい。


マスタービルト MASTERBUILT バーベキューコンロ チャコールバレルグリル 1031647 バーベキューグリル BBQ アウトドア キャンプ


違うか(笑)炭の受け皿を外に出して火を起こせばいいんです。多少風上に傾けてやるともっと早く火が着きます!
火が着いたらまたグリルに戻すだけ※ヤケドに注意!!

③炭の受け皿が出せないやつ
網の上で火起こし(笑)これ1番早いです。
炭が湿気ってるときやマッハで着けたい時、僕はこのやり方です!

以上この3つのやり方を知っていれば まだ~?? と言われずにすむと思います(笑)

あっあとあると便利なグッズ
うちわ(笑)
軍手(笑)
炭用トング(笑)
以上(笑)

あとよく勘違いされているのが
うちわで仰ぐときは真上から仰ぎましょう!
よく横から仰いでる方がいますが仰いでる側は火つきませんよ?(笑)
真上からのが効率いいです。

ダッヂオーブンやスキレットを使う方なら軍手兼用で格好いい革手袋があるといいですね!
インスタ映えも意識して(笑)

では!

応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ バーベキューへ
にほんブログ村



関連記事

コメント

非公開コメント